« オンラインマラソン | トップページ | ピンクの卵の正体 »

2022年7月19日 (火)

伊勢大神楽

昨日は、第4回 日本伝統芸能、夏祭(NATSUSAI)を見るべく市民総合センターへ。

1部は、これまで行われた3回の延長で、ゆっくり楽しむことができました。
2部は、国指定重要無形民俗文化財「伊勢大神楽講社 山本勘太夫社中」でした、と書いても何のことかわからないと思いますので、公式サイト、また当日頂いたプログラムより引用します。

*****************
伊勢大神楽とは
獅子舞を舞いながら諸国を巡り、かつては伊勢神宮、現在では伊勢大神楽講社の神札を頒布してまわる神楽です。江戸時代、庶民の最高の娯楽は“お伊勢参り”でした。伊勢は天照大御神が鎮座する地でありながら、土産物屋や遊郭がひしめきあい、そこには現代の厳かな姿のお伊勢参りとは全く違う、庶民による娯楽と信仰の世界が広がっていました。神宮の代参人でありながら、娯楽芸能の形を遺した放下芸や萬歳(まんざい)を今に伝える伊勢大神楽講社はその江戸期のお伊勢参りの姿を現代に遺す”歩く重要文化財”と表されます。
*****************

これは多くの方に見て欲しかったですし、見られた方は貴重な体験をされたことと思います。

Img_1986 Img_1996 Img_1999

« オンラインマラソン | トップページ | ピンクの卵の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オンラインマラソン | トップページ | ピンクの卵の正体 »