« 日々1万歩 | トップページ | 市政報告が大量に »

2017年5月26日 (金)

5月1日より通年会期制へ

市政報告2月号vol.111より

 昨年行われました12月定例会において、
10人の市議会議員(※1)により
通年会期制にするための条例の制定が提案され可決されました。
その結果、本市議会は今年の5月1日より
会期は一年間となります。

 振り返れば昨年5月18日、
私は議長就任時の挨拶において、議会改革を約束していました。
この通年会期制を私の議長時に導入できたことで、
少しは約束を果たせたと思っています。

 通年会期制のメリットは主に、
❶ 重要案件における市長の専決処分(※2)が無くなり、
議会が審議できる案件が多くなる。
❷ 導入前よりも十分な審議時間の確保が可能となる。
❸ 議会運営の充実、 活性化が図られる、
の以上3項目です。

 また、デメリットは無いと考えていますが、
あえて書かせて頂くならば
「議会に出席しなければならない日数が増えることにより、
議員として拘束される日数が増える。 」
ぐらいでしょうか。
私はこれもメリットととらえています。

 5年前、私が副議長時に制定された議会基本条例に続き、
本市議会として通年会期制となることは、
市にとっても良いことでありますし、
大きな改革となるのは間違いありません。

※1 議員定数12人のうち、
提案権のない議長の私と通年会期制 導入を
反対された共産党の議員を除いた人数。
※2 本来、市議会の議決または決定すべき事項を、
議会を開会する時間が無かった等の理由で、
市議会の議決または決定の前に
市長が議会に代わり自ら処理をすること。

Jpg

« 日々1万歩 | トップページ | 市政報告が大量に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日々1万歩 | トップページ | 市政報告が大量に »