« 今朝は忍ヶ丘駅 | トップページ | 観光フォーラム »

2016年1月28日 (木)

四條畷市から全国へ

河島亜奈睦のFacebookより

やっと情報解禁となりました!シェアーよろしくお願いします^^

2016年4月13日、父・河島英五の歌唱音源と私・河島亜奈睦が全曲カバーした2枚組アルバム『セルフ・アンド・カバー2016 〜生きてりゃいいさ〜』をソニーから発売する事になりました。

みなさんにはfbやブログでレコーディングの様子を都度報告していましたが、まさか父のと2枚組だなんて、びっくりしませんでした?何を隠そう私自身がびっくりしました。だって父の存在は大きすぎて、できるなら比べられたくないなぁ、と言うのが本音でしたから。ははは。我ながら思い切ったものです。

お気付きの方もいると思いますが、この企画は2011年に発売した、父の歌唱音源と名だたる歌手がカバーしてくださった音源を収録した『セルフ・アンド・カバー』の第2弾です。『父と娘の2枚組アルバムを出しませんか?』とソニーさんにお話しをしたらあれよあれよと進んで行きました。

そして、私と同じ四條畷市に在住の絵本作家・谷口智則さんがジャケットのイラストも描いてくださったのですが、

(父が降臨してますよね、嬉しくてにやにやしてしまうイラストです(^^)/~~~)、谷口さんが関西を代表するアナウンサーの角淳一さんとご縁をつなげてくださって、角淳一さんのプライベートスタジオで録音しています。

角さんにお願いする時にとても緊張しましたが、『河島英五にこんな曲があったんや!』とか

『女性が唄う【酒と泪と男と女】もええなぁ。』などなど、たくさんの感想をいただきながらレコーディングができるという事にただただ感謝するばかりでした。

歌の録音が終わって聴いてみると『こんなん全然ダメやん。しょうもないなぁって言われたらどうしよう』と

突然怖くなる夜もありました。だけど、父はしっかり応援してくれてると信じて歌うことができました。

そしてメンバーやエンジニアさん、私の母や娘っこあいるら、

励ましてくださったみなさんがいてほんまに助けられました。支えていただきました。

ほんまにありがとうございます。

最後に。私自身、父が亡くなった後、何度も父の歌に励まされてきました。

たくさんもらった分、次は私がみんなに届けていきたい。

そんな気持ちで唄っています。

そして大好きな父の歌を、英五ファンの方にはもちろん、父を知らない方にも聴いてもらえたら嬉しいなぁ。

親子でお酒を交わしながら聴いてもらえたりするのもいいなぁ。とか思ってます。

あとね、『生きてりゃいいさ』をデュエットしましたの。

これはまた後日。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あれから 15 年...この唄をうたい継ぐ。

父娘仮想共演も含む2枚組スペシャル・アルバム

河島英五・河島亜奈睦

『セルフ・アンド・カバー2016 ~生きてりゃいいさ~』

2016年4月13日発売!

DISC 1[唄:河島英五]

1.生きてりゃいいさ from album「自選集」(1993)

2.旅的途上 from single「旅的途上」(1996)

3.時代おくれ from single「時代おくれ」(1986)

4.ノウダラの女 from album「自選集」(1993)

5.流れる雲 from album「ゴールデン☆ベスト~シングルズ~」(2002)

6.水瓶の唄 from album「自選集 II~カヌーにのって~」(1995)

7.酒と泪と男と女 from single「酒と泪と男と女」(1993)

8.元気だしてゆこう from single「元気だしてゆこう」(1998)

9.てんびんばかり from album「自選集」(1993)

10. 晩秋 from single「晩秋」(1997)

DISC 2[唄:河島亜奈睦] 2015 年録音

1.生きてりゃいいさ with 河島英五

2.旅的途上

3.時代おくれ

4.ノウダラの女

5.流れる雲

6.水瓶 の唄

7.酒と泪と男と女

8.元気だしてゆこう with かわしまあいるら

9.てんびんばかり

10. 晩秋

発売元:(株)ソニー・ミュージックダイレクト

品番:MHCL-30370~1(CD2枚組)

高品質Blu-specCD2仕様

価格:\2,963+税

12642986_964901180269070_5912141254


« 今朝は忍ヶ丘駅 | トップページ | 観光フォーラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝は忍ヶ丘駅 | トップページ | 観光フォーラム »