« 東大阪より | トップページ | 忍ヶ丘は今月最後の配布 »

2015年2月17日 (火)

議会全員協議会

 議会全員協議会が行われ、その中の案件である「大阪広域水道企業団と四條畷市・太子町・千早赤阪村との水道事業の統合に向けての検討、協議、統合素案(中間報告)」の説明がありました。
 私は、四條畷市、門真市、守口市と3市で介護保険の事業をおこなっている「くすのき広域連合」の来年度おける保険料の例や、「大東四條畷消防組合」の例を示し、統合してから問題が出てきても遅いと痛感している話をしました。結果として、今回の案件は、あまりにもわからないことだらけで、統合に向けては慎重にする姿勢を示しました。
 そして、議会に対し、この案件に関しては特別委員会の設置、もしくは勉強会等をする必要性を訴えました。水道事業に関し、議員が何十年先まで責任をもてる判断をする必要があるからです。

« 東大阪より | トップページ | 忍ヶ丘は今月最後の配布 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東大阪より | トップページ | 忍ヶ丘は今月最後の配布 »