« 今年も終わりが近く | トップページ | くすのき議会 »

2014年12月21日 (日)

田原中学校へ楽器を

 西中&畷中の吹奏楽による議場コンサートについては、
昨日書いた通りですが、
市内を見れば4中学校のうち、
田原中学校だけ吹奏楽部がありません。
この12月定例議会の一般質問で、
まちづくり長期計画について質問しました。
その中で、昨年の12月議会でも田原中学校へ
楽器を揃えて欲しい要望をしましたが、
今回は違う視点で要望しました。
以下、議場での要望内容です。

 まちづくり長期計画から今後のことを考えれば
(平成30年度より四條畷南中学校は廃校となり、
中学校は新校区で学校運営を行う)、
毎年少しずつ楽器のメンテにかかる予算を3年間つければ、
3中学校にある楽器が全て使用可能となる。
新校区で学校運営をする時に廃校となる1校の楽器を
田原中学校へ回すことをすれば、
安価で楽器が揃えることができる
(新たに楽器を揃えるとなれば数千万円の予算が必要)。
  顧問体制や生徒のニーズに問題があるように言われるが、
まずは楽器を揃えてやって欲しい。

« 今年も終わりが近く | トップページ | くすのき議会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も終わりが近く | トップページ | くすのき議会 »