« 絵空事?part2(畷ジャズストリート編) | トップページ | 絵空事?part3-2(市民中ホール編) »

2010年10月 6日 (水)

絵空事?part3-1(市民中ホール編)

 市民総合センターの中に、市民ホールがあります。
一般的に大ホールと呼ばれている場所です。

 ここの運営がなかなか難しい状態です。
713席しかない会場が満席になるのは、年に数回程度。
8月はNHKの公開ラジオの収録に
プロの歌手も来たりで、
会場へ入るのは抽選でしたが
こういう事は何十年に一度のレベルでしょう。

 まず、経営として収益を考えた場合、
有名なミュージシャンなどをよぶのが一般的ですが
1000席もない会場ではプローモーション側で収益があがらず
当然、少しでも人数の沢山はいる会場を探します。
近隣市で言えば、大東市にあるサーティーホールが対象となり、
ここは、固定席1202席(オーケストラピット154席含)
・車椅子席6席・親子室16席あります。

 そう考えれば、
小さな四條畷市といえども過去に戻れるのであれば
市民総合センターを建設する時に
思い切って1800席程度の大ホールを建設しておけば
1800人集める事が可能な催しが、
毎日曜日ごとにひらかれる、
そういう会場になったに違いありません。
駐車場の少なさを言われるかも知れませんが
仮に駐車場がなくても、
大阪市内にある大きな会場を見る限り
公共の交通機関を使って人はいくらでも来た、
いや、駐車場がなくても来たくなるような内容のものが
行われていたと思います。
 うまく運営すれば、
四條畷市民は割引や何十席は常に市民しか席を購入出来ないなど
市民サービスへ繋がることもできたでしょう。
特にチケットの取りにくいコンサートなどは
市民に喜ばれたことと思います。

 ところで、なぜ、1800席か。
多数のスタッフが必要なツアーでの採算ラインだそうです。
現在、大阪府内で1800席を超えるのは
グランキューブ大阪、厚生年金会館、フェスティバルホール、梅田芸術劇場
しかありません。
フェスティバルホールにおいては今は改装工事中ですし、
他の3会場は常に予約が一杯。
それなのに厚生年金会館も売却の話があったりと
大阪府民は、コンサートを見に
大阪を離れ神戸や名古屋へ行く日もそう遠くない話になっています。

 と言いましても、
今さら四條畷にある市民ホールを1800席にするのは無理な話です。

 そこで、私の絵空事ですが。。。
今日は文章が長くなりましたので、次回へ(^_^ゞ

« 絵空事?part2(畷ジャズストリート編) | トップページ | 絵空事?part3-2(市民中ホール編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絵空事?part2(畷ジャズストリート編) | トップページ | 絵空事?part3-2(市民中ホール編) »