« 太陽電池パネルの費用対効果 | トップページ | エアコンの温度設定 »

2009年6月19日 (金)

スクール・ニューディール構想

 スクール・ニューディール構想ですが、
文部科学省のHPには、下記内容が書かれています。

  「スクール・ニューディール」構想の推進に関するお願い
  先般成立した平成21年度補正予算においては、
  国庫補助に必要な予算として、約4千9百億円が計上されています。
  これを受けて、すべての地方公共団体において、
  学校耐震化、エコ化、ICT化に
  取り組んでいただくようお願いいたします。

 詳細については下記URLを見て頂ければと思います。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/06/attach/1270335.htm

 内容は読んで頂ければ、ほんとうに素晴らしい事ばかりです。
特に以下の部分(上記URLからの抜粋です)は・・・。

 今回の補正予算における
 学校ICT環境整備の事業費総額は4千億円となっており、
 全国の学校数で割ると1校約1,100万円の整備ができます。

 このため、今回の補正予算においては、教育活用されている
 全てのテレビを50インチ以上のデジタルテレビに買い替えること、
 このうち電子黒板を小学校・中学校に1台ずつ整備すること、
 校務用コンピュータについては教員1人1台設置するとともに、
 教育用コンピュータについては児童生徒3.6人に1台設置すること、
 全ての普通教室に校内LANを設置すること等に
 必要な予算(補助率原則2分の1)を確保いたしました。

 私はこれだけの予算を付けてくれた政府に対し
感謝こそすれ、文句を言うつもりもありません。
 
 しかし、・・・しっくりこないのです。

« 太陽電池パネルの費用対効果 | トップページ | エアコンの温度設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽電池パネルの費用対効果 | トップページ | エアコンの温度設定 »