« 大阪検定 | トップページ | 明日火曜日は、私の一般質問 »

2009年3月22日 (日)

歴史講演会

Bunzenkyou
 今日は13:30〜17:00まで
雨の中、妻と講演会を聞きに
東大阪市の菱屋にある
大阪樟蔭女子大学へ。

 講演会の主タイトルは
『北河内の豪族、馬飼氏の
動向と継体大王を考える』で、
その中において、
大阪府教育委員会の岩瀬氏が「讃良の牧と蔀屋北遺跡」
四條畷市教育委員会の野島氏が「河内湖東岸における馬飼遺跡」
堺女子短期大学の水谷氏が「北河内の豪族と継体天皇(大王)」
と言うサブタイトルで講演をされました。

 本市の職員である野島氏は、
スライドもしっかり準備され、話もわかりやすく、
聴衆も考古学の世界へ引き込まれる素晴らしい講演でした。
また、スライドの中には四條畷市歴史民俗資料館 館長の描いた
イラスト(画像参照)も多く取り入れられ、
その絵を見ているだけでも
タイムスリップした気になり楽しめました。

 ただ、講演内容がほとんど四條畷市内の事でありながら
開催地が東大阪市だったのが残念でした。

« 大阪検定 | トップページ | 明日火曜日は、私の一般質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪検定 | トップページ | 明日火曜日は、私の一般質問 »