« 夜なべ | トップページ | 自治体連続破綻の時代 続き »

2007年3月 5日 (月)

自治体連続破綻の時代

Jititai


「自治体連続破綻の時代」という本を読みました。
著者は、松本武洋氏で埼玉県和光市議会議員1期目。
私より8才年下の1969年生まれで、
この本を読む限り、
熱気あふれる若手無所属地方議員ですね。


この本の冒頭途中ですが、一部紹介します。

・・・夕張市の人口を一万倍すれば
 日本の人口である。
 そして、夕張市の借金630億円を一万倍すれば
 630兆円である。
 ちなみに、国の借金は700兆円、
 「隠れ」を加えると
 1000兆円などと言われている。・・・

本の内容的には、
ここまで書くの?ってとこも少しありましたが、
淡々と進む所が多かったように感じました。
ただ、最終章の
「誰でもできる自治体チェックの方法」が
住んでいるまちを調べたい人には役に立つでしょう。

私はこの本の最後に付録のような形で付いていた、
近藤秀一氏特別寄稿の
「自治体連続破綻を乗り越える」が
内容的にも充実していたと感じました。
プロフを見ますと、
彼は私より6つ年上の1955年生まれで、
元恵那市市議会議員だったそうです。

こういう方々のように、30後半〜50前半の
体力気力共に充実した年代が頑張らないと
地方自治は活気がでないと思います。

« 夜なべ | トップページ | 自治体連続破綻の時代 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜なべ | トップページ | 自治体連続破綻の時代 続き »