« 子ども安全みまもり隊 | トップページ | 心に残る言葉 »

2007年2月 6日 (火)

趣味(SnowBoard)

Snowboard2


今日は、趣味の事を書かせて頂きます。
もうかれこれ20年近く
スノーボードをしています。

2月4日の日曜日も
富山県にある牛岳温泉スキー場へ行ってきました。
金沢にある妻の実家に
どうしても日曜日行かなければならず、
用事の合間にゲレンデへ向かい、
またその日に帰らなければならなかったので
相当ハードでしたが、楽しかったです。

これが私の持っている板です。
上から3枚目以外は全てBURTON製です。

上1番目は調べると1988年モデル。
今になると、これでよく滑れたなと感じる板です。
しかし、当時のBURTONとしては画期的で、
これでやっとスノーボードとして
恥ずかしくない物ができたのだと思います。

上から2番目は1991年モデル。
これはハーフパイプで飛ぶための板でした。
私は一度も飛ぶことは無かったですが、
完成度は高かった板でした。

上から3番目はアルペン用の板でした。
5年ほど使っていましたが、
扱いにくく、途中で使うのは挫折しました。

一番下が今使っている板です。
たぶんゲレンデでスノーボードしている中では
私が一番年齢が高いと思いますが、
そんな45才でもケガをせずに滑るには適した板です。

先週、1991年のスノーボードのビデオを見ましたら
私のウェアを着たボーダーが多かったので
私のウェアは、16年使用していると気付きました。
家族でボードしているので
私のウェアが新しくなるのは、いつになることやら。

ところで、何故これほど
スノーボードが楽しめるのかって考えますと、
やはりリスクが高いスポーツだからかも知れません。
滑っている間は、何も考えず、
エッジと雪面の感覚ばかりを追っかけています。

頭の中が真っ白になれるスポーツ、
息抜きにはベストです。

« 子ども安全みまもり隊 | トップページ | 心に残る言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子ども安全みまもり隊 | トップページ | 心に残る言葉 »