« mixiへのお誘い | トップページ | 子ども安全みまもり隊 »

2007年2月 2日 (金)

投票率

Tihoug


上の表は、(財)明るい選挙推進協議会の
HPに載っていたものです。
これを見ましても
投票率に関しては危機的な状況です。

ちなみに、私が戦った四條畷市の市長選挙では
投票率が42.27%と非常に低い数字ですし、
また、その4年前の新人ばかりが戦い
注目を浴びた市長選挙ですら48.33%でした。

このようになった原因は、
多くの意見があると思いますし、
その中には個々の自覚の問題もあるかとは思います。
しかし、一つは今の選挙制度自体に問題があると
私は考えます。

あらためて選挙運動とは、
公示日(告示日)に立候補の届け出をしてから
投票日の前日までに限りすることができます。

つまり、この期間で全ての候補者が
選んでもらえる情報を有権者に伝えなければならない
(四條畷市の市長選&市議選とも期間は1週間です)。
その情報を知りえた上で、
候補者を選ぶと言う行動に結びつくと思います。

少し話はそれますが、
現職は選挙運動が出来ない期間といえども公職として、
有権者に日々の活動を報告する事が出来ます。
この点は、新人に取っては大変不利な状況です。
同じ行動をしても、
選挙運動と取られるか取られないかは
現職と新人との差は大きいのです。

投票率を上げ、平等に戦うためには、
まず候補者の声を有権者に届かせるための
方法と期間を改めないといけないのかも知れません。

そして、最終は
やはり政治家が信頼を取り戻すことに尽きると思います。

« mixiへのお誘い | トップページ | 子ども安全みまもり隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« mixiへのお誘い | トップページ | 子ども安全みまもり隊 »