« 市民文化祭 | トップページ | 高校再編成 »

2006年11月 6日 (月)

議員と地域との関係

Jitiwoninau


この本の中に、
僕が日頃疑問に感じていた事が書かれていました。

その点だけを抜粋します。

・・・一般的には議員は議会の場で議論できるがゆえに
 市民参加の場に登場する必要はないし、
 すべきでないといわれている。

 しかし、すでに指摘したように、
 議員は地域リーダーの一人である。
 議員となることによって、
 社会活動を止めてしまう必要はない。
 むしろ、情報を容易に得ることができる立場を利用して
 住民に開示し住民とともに積極的に活動すればよい。
 
 議員の「出しゃばり」を嫌悪しているのは、
 議員や議会に不信を持っている住民であり、
 行政主導で行いたい行政職員である。
 住民の目線で活動する議員を
 住民は拒否しているわけではない。
 それが議員によるゴリ押しの場だと
 多くの住民が考えれば
 そうした議員を落選させればよいことである。・・・

議員になると、
多くの地域活動から外される傾向にあります。
これが市にとって、地域にとって良いのか悪いのか、
皆さんはどう思われますか?

議員には地域活動に積極的に参加していただき、
その中でおかしな行動をするのであれば、
次の選挙で票を入れなければ良い、
それだけかも知れませんね。

« 市民文化祭 | トップページ | 高校再編成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市民文化祭 | トップページ | 高校再編成 »