« 仕事の事など | トップページ | まちづくり »

2006年10月21日 (土)

社会保険事務所

P1010383

僕の経営する会社の業務は殆ど止まっているのですが、
事務処理だけは廃業しない限り止めることはできません。

今週、その事務処理のために枚方市内にある
「北大阪労働基準監督署」と
「枚方社会保険事務所」へ行ってきました。

事務処理の件は、
今書いているブログにとってはどうでも良いのですが、
せっかく「枚方社会保険事務所」に行くのだからと、
被保険者記録照会をしてきました。
つまり、今までの年金支払い状況の確認です。

つい一週間ほど前かな、TVで年金を払っていたのに
記帳されていない件が多数あると言っていたので、
せっかく払っているのに・・・と不安になったからです。

そのTVでの報道によりますと、記録ミスの理由は、
昭和59年から手書きの伝票を
パソコンに打ち直した時や、
またカタカナで当時打ち込んでいたので、
名前の読み間違いを気付かずに等
単純なミスでした。

たとえば僕の「長畑」を
「ナガハタ」ではなく「ナガバタケ」なんて
パソコンへ処理する時に、そんな間違えをされたら
どこへデータは行ってしまうの?ってことです。

そういうことで「枚方社会保険事務所」にて
被保険者記録照会の回答表を頂いたら、
僕の場合は記入漏れもなく、未払いもなかったです
(未納3兄弟とか思い出してしまった、失礼)。
よく見ると昭和58年の僕が最初に一度だけ勤めた会社は
○○建設株式会社と漢字表記だったのですが、
回答票ではカタカナ表記でした。
この辺りがもし間違えていたとしたら、
問題の箇所になっていたのでしょうね。

皆さんも是非一度確認してみて下さい。
ミスがあった場合、訂正するのは早い方が良いと思いますので
(払ったことの証明をするのは
領収書が無い場合はかなりややこしそうです)。

ちなみに、枚方社会保険事務所の
2階6番窓口で手続きを行ってもらえます。
年金手帳と印鑑を持参して、申請書に記入するだけです。
1階は30人待ちとかで相変わらずの混雑でしたが、
2階6番窓口は僕の時は待ち時間ゼロでした。

そうそう、TVでは持参物に免許証などの
個人を特定できる物が必要と言っていましたが、
そういう確認はなかったです。
でも一応用意して行った方が良いでしょうね。


ところで、社会保険庁の無駄遣いが発覚してから
社会保険事務所の方の対応が
凄く良くなっているのには驚きです。
しかし、そういう中で働いている人は
どこの課もバタバタと大変忙しそうでした。
桁違いの無駄遣いをするなら、現場の人を増やすとか
そういう風に上層部の人は考えられなかったのでしょうね。

« 仕事の事など | トップページ | まちづくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事の事など | トップページ | まちづくり »