« 市民の集い | トップページ | 市民文化祭の練習 »

2006年10月31日 (火)

いじめ問題について

Ijimejpg


今、いじめによる自殺の問題が
マスコミ報道の中心となっています。

今朝は高校の校長が、高校未履修問題で自殺と
ニュースで言っていました。
子供達の自殺問題で世間が悩んでいる中、
大人として謹んで欲しかった行動だと思います。
しかし、僕の友人に妻が自殺された方がいるのですが、
「精神的におかしくなった時、
我々が風邪を引くように、自殺も簡単に起こるのです」
と以前言われたことがあります。
この辺りを考え、
また報道以外の諸事情があるとするなら
高校校長の行動も一概に批判は出来ないのですが。

ところで、マスコミがあげている一番の問題は
学校側が自殺といじめとを結びつけたがらない、
その点ではないでしょうか。
いじめと自殺を関連づけると、
いじめをした側の子供達が精神的に追い込まれ、
今度はその子供達が自殺に走りかねない。
つまり、加害者が被害者になってしまう恐れがある。
そういう観点から認めたがらないのだと
(それでも認めないことに対し是非は問われますが)、
僕は思っています。
もし、子供のことを考えず、
各々自分の立場だけを考えての行動でしたら
大いに問題があるとは思いますが。

ある雑誌の対談で作家の曽野綾子さんが
言っているのですが
・・・私は「いじめは面白い」といっているけど、
 誰もそうは言わない。
 そもそもいじめはつまらないことのようにいうから、
 話がおかしくなるのよ。
 「いじめは面白い。
 だけど人間ならそんな単純なことをするな」
 とほんとうはいわなければならない。・・・

ここまで極端な発言はしなくても良いとは思いますが、
いじめは絶対にある、
それを曽野さんは言いたいのだと思います。

いじめは絶対にある、とういう中で隠すのではなく、
学校はどう正面から対応するのか。
そういう所から教育現場は考えて欲しいと思います。

そして、解決策は
やる気のある先生をどう各学校に増やしていくのか。
そこが一番重要ではないでしょうか。
極論かもかわりませんが、
四條畷市内で言えば、小中学校を統合し、
一校当たりの先生の数を増やし、
やる気のある先生を中心に
各学年にて、あらゆる問題を考えていく。
実際は今回の問題だけで統合するのは無理がありますが
そういう方法もあるかと思います。
そうすることにより、中学校におけるクラブ活動も
顧問となる先生がいない(足らない)から
入りたいクラブが無い、などと言う、
子供達にとって不利益な
状況からも抜け出せるのではないでしょうか。

また、大阪府が昨年夏に発表した、
平成19年度に各小中学校へ配置する
「首席教諭」の
しっかりとした活用を行うべきだと思います。

長期で考えるならば、
畷北高校(あくまで今後も存続するならば)との
中高一貫教育が出来る体勢をとっていくことも
必要ではないかと思います。

画像は、
平成17年度小学生人権ポスターコンテスト福井県大会」
最優秀賞 福井地方法務局長賞 の作品です。

※ 「首席」設置の趣旨について要綱より一部抜粋
 学校運営組織において、
 教頭と教職員との間に校務の要となる職として、
 首席を設置し、学校運営体制・機能の充実を図る。

« 市民の集い | トップページ | 市民文化祭の練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市民の集い | トップページ | 市民文化祭の練習 »